忍者ブログ
読書感想ブログ
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミヒャエル・エンデ

小説、ではなく、正しくは「戯曲脚本」です。
ハーメルンの笛吹きの、ミヒャエル・エンデ版。
ハーメルンの街にあふれるネズミは、金持ちたちが悪魔に魂を売ってもらった金、それを生み出すときに代わりに何か一つ命を失わせるために生まれた、という考えと、
笛吹きはその元凶である「ねずみ大王」を求めたために報酬をもらえなかった、という設定
この二つが注目点です。
ちなみに笛吹きは最後、石になった模様。
この悪魔に魂売った金持ちの一人である女が、まあ怖い。
笛吹きに色仕掛けしかけたり、笛を奪ったり、笛吹きを助けようとした自分の娘を、知らなかったとは言え、この淫売とかいいながら殺したり、けっこうやりたい放題です。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/11 うなぎ]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]