忍者ブログ
読書感想ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

壁井ユカコ

鳥籠荘5巻。
4巻を未読の上で読んでしまうと言う失敗を犯しました。

ついに住人がいなくなります。
ファンタジーですが不思議は何もありません。
パパがね、山田パパがまた、かっこいいんですよ。
樋谷は傷跡が好きなだけじゃとか言われる気がしてなりませんが。
パパと華乃子のやりとりは必見。
あとはじいさんsが……いいですね~「いんたねっつがしてみたい」。
へれんさんに関しては4巻を読んでないとわからないところがありましたので、至急読みたいと思います。

主人公にまったく触れてませんが、主人公キズナは男前でした。

つぎで終了、さみしいです。
PR
ヤングアダルト小説なのですが、カテゴリーがないので(作りなさい)

ギタリストの19歳の女の子が主役。
わりと強引な子ですが、読んでいて苦にはならなかった(気がする)
途中で出てくるシンガーの女の子が、ぽやっとしてるけれどきつい現状にいるので好ましかったです。

地の文は読みやすいんですが妙な違和感があると思ってましたら、
プロが書いたケータイ小説らしく
(ちゃんと調べてません、すみません)
ものによっては、私にもケータイ小説は読めるのかと疑問が湧きました。
食わず嫌い?

音楽業界の話です。
音の描写はあまり出てきません。
女の子の奮闘劇です。

ちなみに、これは「疾風ガール」という小説の続編だそうで、
順番に読みたい方はそちらからどうぞ。
キャサリン・マーシュ

外国のヤングアダルト小説。
14歳の生存している少年と同い年の死んでいる少女の冒険譚。
話は、日本でいうところのいざなぎいざなみに近い。
ごめんなさいカタカナ変換忘れた(汗)
ついでに、イザナギイザナミの外国版の名前(神話とか言えよ)の名前も忘れた……作中にあります。

久しぶりに、ミステリーでもライトノベルでもないものを読んだ。
いいなあ。
普通感がいいな。
心象があまり書かれないところがいい。
特に「萌え感」がないところが逆に萌える。
主人公視点なので、主人公の姿かたちはあまり書かれていない。
でも、派手な子じゃないのはわかる。
書かれてない描写で伝わるってのは勉強になる。

あとは、完全なハッピーエンドではないけれど、不幸せではない終わり方も好きです。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/11 うなぎ]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]